大阪ハーフマラソンの特徴

” 国際大会の熱気、興奮を感じながら走る! ”

_


国際大会の熱気、興奮を感じながら走る!

大阪国際女子マラソンと同時スタートする「大阪ハーフマラソン」。
第25回記念大阪国際女子マラソン(2006年)に女子マラソンと同日開催となり(当時は「市民ハーフマラソン」)、2008年から「大阪ハーフマラソン」に改称。
第30回記念大阪国際女子マラソン(2011年)に、現在と同じ、女子マラソンと対面型のコースになりました。
対面コースならではの魅力が存分に感じられ、女子マラソンと同じコースを走る部分が多く、女子マラソンのランナーも口にする“大阪の沿道の元気な声援”をもらいながら、普段は走ることのできない市街地の大通りを走ることができます。


” フィニッシュはヤンマースタジアム長居 ”

_


フィニッシュはヤンマースタジアム長居

フィニッシュはヤンマースタジアム長居。競技場のマラソンゲートをくぐり、大観衆の中でフィニッシュを迎えるという感動は、この大会でしか味わえません。
フィニッシュ後は、先ほど自分が走ったヤンマースタジアム長居に、女子マラソンのランナーが帰ってきます。ハーフマラソンのあとは、大阪国際女子マラソンをスタンドで見届けられます。


” 高低差のない高速コース! ”

_


コース高低図

コースの特徴は、「高低差がなく、フラットで走りやすい」ところ。
大会には実業団のトップ選手も毎年出場。
自己記録の更新も狙える高速コースです。
2017年大会から、コースを一部変更し、さらに自己ベストタイム更新が期待できる大会となりました。